十段最底辺が騒音をまき散らしながら一人暮らしを頑張るブログ

          音ゲー好きの底辺歌い手見習い見習いが綴るブログ!本州とはつくづく縁がないけども現状に満足して生きていけるだけの生活を送れる程度の田舎民がお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想郷入りSS番外編其の一。

久々にちょっと手が進んだのでぶッパしてみる。
ソースは一つ下の記事。まぁ読まなくてもいいですぜwwww

とりあえず書いてみたものの・・・これからの時期にSS書くだけの暇があるかどうか・・・(;^ω^)
まぁ寝る時間削れるかなんですけどなwwww





んではいつものように下の方から。
「最初の言い回しうぜーよ!」とか他に感想ありましたらどうぞコメントの方へwwww














明日は今と変わらない明日なのだろうか。

一瞬後に続くこの世界は今と変わらない一瞬なのだろうか。

目を閉じる前と目を開けた後の世界は繋がっているのだろうか。


目をつむる一瞬。
耳をふさぐ一瞬。
伸ばす手が空を切る一瞬。

その無と呼ぶべき何も存在しない一瞬。

はたしてそこに意味はあるのだろうか。

退屈としか感じない繰り返す日々を、それゆえに想うことはできるのだろうか。






「だぁー!終わった!」
今の仕事に一区切りつけ、ようやく背を伸ばすだけの余裕ができた。
首を回すだけで部屋の全部が見渡せるような四畳半。
その小さな世界の中でただ一人の住人が首を回している。


「あとは・・・メール出して・・・終了!お疲れ俺!」
解放感からか、徹夜明けのテンションかいつもより大きくなる声を抑えることなく口に出す。
ここ3日ほど寝る時間を削りに削っての作業だ。
もはや普通の精神状態じゃないのは明らかである。


「さぁーて・・・それじゃ好きなだけ寝るかなぁ・・・」
まだ伸ばし足りないのか、ぐぅーっと腕を伸ばしながら立ちあがる。
そこでようやく腹に何も入っていないことに気がついた。


「そういや・・・最後に食ったのって昨日の昼だっけ・・・」
昼といってもずいぶん日が傾いていたし、食べたといってもカップ麺一つだ。
外を見るとそろそろ日が沈みそうなオレンジの空をぽつぽつと人が歩いている。


「部屋には何もないし・・・ちょっとまとめて買ってくるか・・・。」
作業明けに動くことすら面倒だったのだが、腹の減り具合からそんなことなど言ってられない。
迷うことなく部屋のカギと財布とケータイを手に取り、着の身着のまま部屋を出た。


季節はいよいよ冬真っ盛り。
暖房にお世話になる日も増えてくるこの季節。
つい『あったかい』の文字につられて消えていく120円を自重しつつ最寄りのコンビニへ歩く。


「いらっしゃいませ~♪」
お決まりの入店音とそれに負けずとも聞きなれた店員の第一声が出迎える。
恐らくここまで仕事の範疇なのだろう。言い忘れたら減給とかな。


店内を掃除している店員を避けるようにカップ麺やパンを手のカゴに運ぶ。
ここまで腹が減っているとつい目に入るものを全部取ってしまうので商品を取る手が忙しい。
カゴが8割方埋まったところでレジへと足を向ける。


「お買い上げありがとうございます~158円~♪・・・」
手慣れた様子でカゴの中身を準備したレジ袋に移していく。
それを待っている間に眠気が出番と勘違いしたのかあくびが口に出る。


「以上で・・・円です~♪」
レジ袋が二つ目を越えたあたりでやっとカゴの中が空になった。
財布から数枚千円札を出し、おつりを受け取って店を出る。


「さて・・・少し腹に入れたら寝るかなぁ・・・。」
あくびを噛み殺しつつ、部屋に戻った途端に寝てしまう予想を立てて来た道を戻る。


そして部屋のドアまで戻り、手に持ったレジ袋を置いて鍵を取り出しドアを開けたとき、その予想が見事に覆された。


「あれ・・・?」
いつもと変わらない見慣れてもはや愛着すらわく小汚い部屋の中に人が一人。
家を出る前には誰もいなかったし、鍵を閉めて今あけたのだから誰か入れるわけがない。
もちろんこんな寒い中窓を開けるなんてこともしていない。


「こんにちは。ちょっとお邪魔してるわ。」
さらに困ったことに見たことも聞いたこともない声と格好をしている。
そもそもこの格好を外で見たことがあるのなら記憶の片隅にでも残っていそうなものだが。


「えーっと・・・どちら様で?」
とりあえず家主としてここは聞いておかねばなるまい。
部屋の外で鍵を開けた状態のまま口だけを動かして聞いてみる。


「ごめんなさい。私も来たばっかりなの。」
まともに質問に答えてもらえてない気もするが・・・とりあえず日本語だ。
顔は日本人らしいのだがいかんせんその格好で違和感が残ってしまう。


「来たばっかりって・・・どちらから?」
とりあえず話を聞いてみる。
一歩間違えれば空き巣確定なこの状況でのんきに質問している場合ではないだろうが。


「ここじゃない世界のスキマからよ。
  まったく・・・どこに飛ぶかわからないからって誰かの家に飛ばすことは無いじゃない。」
まさかの電波発言。
喋り方ははっきりしているし、その格好以外はまともそうなのだが。


「こっちじゃない世界ですか・・・。
  それで・・・なぜか俺の家に出てきた・・・と?」
とりあえずそういうことだと納得しておこう。
怒らせると何をしでかすかわからないのが電波だ。触れぬオタクの自己満族。


「そういうことね・・・ごめんなさい。完全なとばっちりで。」
口調から向こうもうんざりしているのだろう。
そして言い終わると、腰に手を当て部屋の真ん中にあるちゃぶ台兼仕事机に腰を下ろした。


「まぁ・・・見られて恥ずかしいだけの部屋なんで特に迷惑は無いんだけど・・・。
  えっと・・・お嬢さん・・・名前は?」
向こうが動いてくれたのでようやくこちらも部屋に入ることができた。
はいていたサンダルを脱ぎながら部屋に上がる。


「十六夜咲夜。すぐにいなくなるかもしれないから覚えてもらわなくても結構よ。」
スポンサーサイト

Comment

[172]

触れぬオタクの自己満族wwwwww

いい言葉ですね、はまりましたwwww


そしてすげードシリアスな展開に、びっくりしていますですはいw

でも最後の所、気に入ってます!
会話で区切れるとかっこいいっすよね!

あー、ジーンときたww

ヾ(・ω・)ノ゛ くぁsdfghj

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockeach.blog78.fc2.com/tb.php/674-b1d11d39

 | HOME | 

プロフィール

にこぇ

Author:にこぇ
御年:20(自称)

趣味
 音楽関連(聞くor弾くor叩く)
 ゲーム(音ゲー>ACT>STG)
 稀に読書(綾辻様ヽ(´ー`)ノマンセー)

性格
 天邪鬼(自称)
 口を開くと下ネタ95%(当者調べ)
 紳士の毛皮をかぶった紳士
 典型的なB型人間
 → 自己中心型思考
   (空気は読める子)
  → スイッチのON/OFFが激しい
 → 愛したもの・人は一生涯
 → だいぶ酷いレベルの収集癖
 → 熱しやすく冷めやすい
   (でも忘れない)


音楽関連
・好きなバンド:BUMP OF CHICKEN

・好きなジャンル:HR/HM・ダンスミュージック・ボカロ等
 → HR/HMは有名どころを少し聞いた程度
 → ダンスミュージックはKONMAIのせい。
 → 偏食がひどい。特にボカロ。

・ニコ動の好きな歌い手様
 → Geroりん>Vin様>鳥子s、灯油s等・・・
イケボ・マジ・イオナズン

その他
 →ギター保持。経験年数なんて飾りです。偉い人にはそr(ry


ゲーム関連
・音ゲー関連
 メイン:IIDX
 他は弐寺ができない時にやる。
  → 御熱なこともしばしば。
 → 1P side 九段(適正少し)
 →好きなアーティスト
  →Ryu☆>Tatsh>LED,Yoshitaka>Other

・その他好きなゲーム

東方(~星蓮船)
 → 紅魔館メンバー大好き
  → 更に言うと咲夜さん。
   → 更に言うといぬさくや
 → 天則プレイ経験有り
  → 永遠のNランクおぜう
  → サブキャラ少々
 → 元Hardシューター(笑)
  → 星蓮船のみExまで
 → 文花帖フルコン済み
 → DS放置中。
 → 天則放置中。
  → まとめると東方放置中。

他STGとしてCaveを好む。
 → CS大往生保持。
 → 弐週目なんてなかった。
 → そもそもノーコン無理ゲー

Devil May Cryシリーズ
 → 2なんてなかった
 → やりこみ度:3>1>4
  → SEのしすぎで無印は気分が悪くなる
  → 両キャラDMDクリア。
  → Dante:Normal All mission SS Clear


サイトバナー
 → Illusted by 夢羽様

FC2カウンター

十六夜咲夜の大きな懐中時計


まよねーず工場

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。